コミュニケーション 明けましておめでとうございます。

みなさま、新年明けましておめでとうございます。 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

歳初めから新刊2冊出版します

今年は新年から新刊を2冊出版いたします。 1月29日にKADOKAWAより「一緒にいて疲れる人 楽な人の話し方」 2月にはすばる舎より「会話がとぎれない雑談〇〇」(タイトル未定) そして電波社という出版社から「話し方のルール」(タイトルは秘密) PHP研究所から「会社で・・・な人 ・・・な人の話し方」(タイトルはナイショ) さらに秋を目指して「コミュニケーションブリッジの話し方」(タイトルはきっと変わります) などを出版予定です。 いそがしー。逐一お知らせをいたします。

教室はビジネスに向う

教室ではビジネス系のレッスンに力を入れます。 コミュニケーションブリッジの話し方を応用・発展させた、 「一流の人のスピーチ力」を2月よりスタート。 一流のスピーチとは結果を出す話し方。 人々があなたの話で心を動かされ、自発的に行動を始める。 ものを買う。 あなたの下に集う。 そんな力を、あなたの声に、そして話し方に宿すレッスンです。

人を育てる力をつける講座がスタート

そして夏から秋を目指して 「人を育てる人材を創るレッスン」をスタートさせます。 人を育てるって、それはそれは難しいこと。 増して、人を育てる力をつけてもらうことは至難の業。 すでに個人レッスンのレベルでは、「育成力のレッスン」は始まってます。 答えは「あなたが社員・部下・後輩になって欲しい姿を提案できるかどうか」にかかっています。 「私の右腕になってほしい」 「一人前の営業になってほしい」 「顧客を一人で管理できるようになってほしい」 これでは下につくものは育ちません。 自分が目指すものが具体的に示されていないからです。 「自分が目指すものは自分で探せ」という言葉は、芸術家やミュージシャンへの言葉。 企業で与えられた人材を育てる役目を持つ者の言葉ではありません。 夢を叶える人は、己が成りたい姿を明確にイメージする。 人を育てる力のある人は、部下が目指す姿を明確にイメージさせる。 TALK&トーク話し方教室が目指すのは、そんな社長、そんな管理職を育てること。 このレッスンにどうぞご期待下さいませ。 この秋、あなたの会社を、そして部下を変えてみせましょう。

お見合い50件連続NOからの逆転結婚

前回のブログ[独身生活に終止符!生徒さんが結婚を手にされました]の続き。 ご覧になっていない方はぜひ、そちらから先にお読みになってくださいね。

婚活講座 5分で彼を変えたコミュニケーション

その後彼は、今年4月の婚活講座に参加。 婚活講座では女性との会話はもちろん、大切な態度や考え方を学んでもらい実践練習ももりもりです。 講座の中で彼がいちばんハッとさせられたのが「会ってすぐに女性を安心させる態度と言葉」だったとのこと。 男性はどうしても、互いが席に着いて「初めまして」となってからがお見合いのスタートだと思いがちです。 が、実はもっと手前、会話する前の段階からお見合いはスタートしています。 ・お店に入る瞬間 ・席に近づきながら ・彼女と目が合ったその時etc… と、男性が女性にコミュニケーションをとらなければならない瞬間は、会話がスタートする前につまっています。 彼の心には「女性に対する思いやりって、こんな態度と言葉で表すんだ」としっかりと刻まれたそう。 そして、自分にはこのコミュニケーションが足りなかったのかもしれないと、これまでのお見合いを振り返ったそうです。

「言葉」と「行動」で伝わってはじめて思いやり

女性に対する思いやりの態度と言葉を意識し始めた彼に、ついに婚活の女神は微笑みます。 婚活講座の直後、お見合いでとても素敵な女性と出会われました。 実は彼はメールもLINEも苦手。それでも彼女のために彼は一生懸命でした。 ネコが好きだと話す彼女のために彼がしたことは、猫のスタンプをゲットすること。 これ、簡単なようでなかなか思いつかない行動です。 「恥ずかしい」「嫌がられたらどうしよう」そんな不安がよぎりませんか? 生真面目な彼がふにゃふにゃ動く猫のスタンプを彼女に送信するのにはかなりの勇気が必要だったはず。でも彼には「彼女が喜ぶんじゃないかな」という気持ちのほうが勝ったのでしょう。 結果、スタンプを送られた彼女は「かわいい!」と大喜び。 照れ屋な彼がスタンプをしばらく送らないでいると「寂しいよ~スタンプ送ってよ」なんて甘えた催促までもらうようになってしまいました。 彼自身も、LINEから彼女との距離が急速に縮まったと感じているようです。 そうして愛をはぐくまれて、今月ご婚約なさいました。

二人の危機!そのとき彼は…

実は婚約までにたった一度だけ二人に危機がおとずれたとのこと。 ですが、不安や正直な気持ちをお互いうやむやにすることなく、二人でちゃんと話し合って乗り越えたんですって。そこで彼自身もはっきりと覚悟が決まり、「二人のラブラブ度はそこからさらに深くなりました♪」ですって。 「二人の楽しい思い出がたくさんできました。本当にありがとうございました」と、先日聞かせてくださいました。 あの固かった彼の口から「ラブラブです♪」なんて言葉が聞けるなんて。 思っているだけでは伝わらない「女性への思いやり」を、どういう言葉と態度で伝えるのかを学んだ彼。 きっと幸せな結婚生活を送ってくださるに違いないと信じています。

婚活に効くおすすめ講座

独身生活に終止符!まじめで固い彼の印象が激変した理由

今年4月と5月に開講された[男性の婚活コミュニケーション講座] その受講生の方から幸せのご報告をいただきました。 今月ご婚約、そして来年夏には結婚式のご予定だそうです!! ぜひ、たくさんの方に後に続いていただきたく、彼の婚活ストーリーをご紹介させていただきますね。

まじめで固い彼の印象が激変した理由

彼がTALK&トーク話し方教室の門を叩いたのは、婚活講座の約半年ほど前でした。 40歳代で見た目はまじめ・固いという印象で、心はとても優しいのにその優しさがなかなか表に出にくいタイプ。 彼から出てくるお話は「博士課程が…」「研究論文が…」など見た目どおりの真面目なお話が多く、まずは彼の人柄が伝わるような話題探しから始めました。 個人レッスンでチャレンジしていただいたことは、 ・日常のありきたりな話題でお話できるようになること ・あいさつプラスひと言程度でいいので職場の人とも雑談すること ・共感、ボキャブラリーを増やして相手にお話ししてもらうこと などなど、日常でもたくさん努力してくださいました。 すると一ヵ月後には、 「ダイエットして10kgも痩せて、大喜びで手持ちのパンツのウエストを全部つめたらリバウンドしてきてだいぶあせっているんです」 なんて聞かせてくださるように。 もうこの頃には、親しみがあってとっつきやすい人に変身し始めていたように思います。

50回続いた「お見合い依頼にNO」を乗り越えて幸せをつかむ

でも婚活の女神はなかなか微笑んではくれません。 1回お見合いをしてNGならまだしも、お見合いにすらたどりつけないという非情な現実。 50件お見合い依頼を出して1件もお見合いさせてもらえないと聞かされた時なんてもう本当に胸が痛かったです。 それでも彼が立派だったのは、行動を決して止めなかったこと。 もう無駄だと思うことなく、職場の人と丁寧にコミュニケーションをとることを忘れず、話題探しのための日記もずっと継続してくださいました。 さあそしていよいよ4月の婚活講座に参加。 それから彼がどんなふうに変わっていったのか、次回のブログをどうぞお楽しみに。

婚活に効くおすすめ講座

黄昏の十八番ホール

平日のゴルフ場はおじいちゃんでいっぱいだ。 ロッカールームで聞こえて来る話は、「〇〇さん、今日はドクターストップでゴルフ休みやで」とか「変形性膝関節症のいい医者は知らんか」など、健康にまつわる話ばかり。

幸せな最終ホールを迎えるおじいちゃん達

以前、たった120ヤード後ろから打ち込んで来るおじいちゃん三人組に出会った。 私たちの頭の上を越してドライバーショットを打ち込んで来るおじいちゃんに、「危ないですよー」「前にいますよー」と大声で呼びかけたが、全く反応がない。 ハーフが終わってから係りの人に、「後ろのおじいちゃんが危ない」と伝えて午後のハーフへ。 すると先ほどのおじいちゃん達が謝りに来た。 「すんません、打ち込みましたか?何番ホールですか?」と全く気づいていないご様子。 果ては「わしらもう八十過ぎてましてな、目も見えまへんねん。耳も聞こえまへんねん」とのお言葉。 「へー、こわーい。どうか頭にだけは当てないで下さい」とお願いして、後ろを振り返りつつ駆け足でゴルフを終えました。 八十のおじいちゃんに謝られると、もう怒ることはできません。 また別の日。私たちの前でプレーしていたおじいちゃん達も、みんな八十前後に見える方々。 お一人はおみ足が悪く、ゆっくりとしか歩けない。 そんな方でもゴルフができるのか!と感動しつつ見守っておりました。 おじいちゃん達のプレースタイルは様々。 以前出会った方々は、和気藹々と楽しそうでした。 でもこのおじいちゃん達には会話がほとんどありません。 何より自分のボールがカップに入ると、スタスタと次のホールに向かいます。 こういう時は全員のプレーが終わるまで見守り、「ナイスパー」とか「ざんねーん」などと声を掛け合うのがマナー。 でもおじいちゃん達は他の人が目に入っていないかのようなプレー振り。 最後のプレーヤーは、グリーンに一人残されて寂しくカップインするのです。 それはきっと終わった人から早く次のホールに向かわないと、進行が遅れるからなのでしょう。 和気藹々だけが楽しいゴルフではないことを教えてもらいました。 「次もまた行けるかね」 「どうだかね」 「死んでなかったら行ったらええやん」 「来年の花見ゴルフまでは生きていたいね」 「あんた、去年もその前も同じことゆうてたで。いつまでも死なんくせに、よーゆうわ」 そんな軽口を叩きながら、お風呂で語り合うおじいちゃんを見ると、 よく生きてこられたのだな、いい人生を送って来られたのだな、と頭が下がるばかり。

黄昏の十八番ホール。あなたには誰が待っている?

齢七十を過ぎて、仲良しが三人以上集まれて、健康で、お金に余裕がある。 そんな人生を送れる人が果たして何%いるでしょうか。 黄昏の十八番ホール。 あなたはどんな人と、どんな気持ちで過ごしていますか? 幸せな最終ホールを向かえる人は、必ずコミュニケーションに留意して来た人です。 他人の気持ちに寄り添い、笑いがあり、話を聞く余裕がある。 怒りの気持ちを上手に伝え、トラブルやわだかまりを残さない。 そんな力を磨いて行けば、最終ホールのグリーン上にはきっと温かな笑顔が待っているでしょう。 コミュニケーション能力の価値を多くの人は過小に考えています。 自分は大丈夫、できていると考えがちです。 コミュニケーション能力が高いか低いか。 それは現実に如実に現れます。 家庭が愛にあふれ、会話に満ちている。 仕事で協力してくれる人、サポートしてくれる人が多くいる。 人生に敵がいない。 争いがない。 我慢していない。 お金に不自由していない。 これがコミュニケーション能力のある人です。 とくに「聞くスキル」を多くの人が誤解しています。 本当の聞くスキルは、相手の隠された力を引き出し、ストレスを癒し、隠された考えを導き出すスキルです。 コミュニケーションに迷ったら、「話す」「説明する」と言った目に見えるスキルだけでなく、「聞くスキル」に目を向けるべきです。

今すぐに話がうまくなる秘訣

話し方教室に行っても話はうまくならない。 そんな批判をネットなどでよく目にします。 それはアナウンサーの養成技術を一般人の話し方に応用するという間違いを、話し方業界の人々がいまだに犯しているからです。 たぶん話し方業界の人々は、生徒がうまくならないということから目を背け、コミュニケーションというものを真剣に研究して来なかったのでしょう。

ジャパネットたかたの高田元社長はなぜ大きな説得力があるのか

高田明さんの話し方は一般の人に大変参考になります。 彼の話し方は素人くさいですね。 しかし説得力は天下一品! 商品が飛ぶように売れます。結果が出てこその話し上手! アナウンサーがテレビショッピングでプレゼンしても、彼の何分の一も売れないでしょう。 原稿を読む(きれいに話す)方法と、雑談(親近感を生む力)やプレゼン(説得力)をする方法は違うのです。 彼の話し方で誰でも参考にできる話し方をお伝えしましょう。

①ゆっくり話すこと

話をいっぺんに伝えずに、ひとつずつ丁寧に話すこと。

②ひとつ伝えて間を空けること

その時、相手が相づちを打ちやすいぐらいの間をあけてあげること。 これを意識するだけで、相手と波長が合って来る。 「私はけっこう話し下手なんですよ」 「そうなんですか!」 「会社でも雑談がうまくいかなくて」 「へー、そうは見えませんね」 「ありがとう。でもみんなが話している輪ってありまよね」 「ええ」 「あれに入るのが難しいんですよ」 「ああ、あれはむずかしいですね」 「一人ぽつんと浮いちゃう時があるんです」 「そうなんですか」 こうやってやり取りを意識して作りながら話を進めます。 すると相手との一体感が生まれて、相手が質問をしてくれたり、相手が話をしたりして、話がうまく回り始めます。 口下手な人は相手と息を合わせる術を知らないように見えます。 一人勝手にしゃべって終わるような話し方です。

会話・雑談・スピーチは誰でも上達できる

会話・スピーチは基礎をしっかり学べば、ほとんどの人が上達できます。 それは発声練習や早口言葉ではありません。 相手があなたの話をどのように聞き、どのように処理し、どのように理解するのかをまず知ること。 雑談であろうとスピーチであろうと、相手を知り、意識して練習を繰り返せば、誰でも「うまい!」「わかりやすい!」と言われる人になれるのです。 ■DVDでも学べます コミュニケーション会話術ビジネスDVD http://www.e-0874.net/lectures/dvd_business/

客の断り、聞くスキルが解決

ある歯科医師の個人トレーニングを承りました。 歯科医師も接客業。 保険で治療する義歯よりも、保険の利かない治療の方が利益が出ます。 患者も実は高額な義歯を入れた方が、長持ちで美しさのレベルが高いので、実はお金さえ出れば経済的なのです。

「NO」と言われた後の営業、そこで聞くスキルを持っていれば

ですが、営業でもない歯科医師は、高額な義歯を勧めることに抵抗感のある人が多いと聞きます。 なんでも営業力の高い医師は、自費治療(保険外)の率が70%! 営業力のない医師は、なんと1%未満! という差が出ているらしい。 「そんな高い歯はいりませんよ。歯一本に10万円って信じられない」 こう言われるとほとんどの歯科医師は「わかりました」と言って保険治療に入るようです。 営業マンも同じ状況に置かれることが多いはず。 「それはいらない」と言われて、すごすごと帰って行く人が多いのでは?

客に嫌な思いを感じさせずに、営業の話を聞いてもらうスキル

できる営業は、聞くスキルを使ってもう一歩踏み込みます。 「ああ、〇〇様は保険での治療がご希望なんですね」 「そうです」 「よくわかりました(^^)では次回から保険を使っての治療に入りましょう」 「あ、お願いします」 「その前にせっかくですから、私たちがなぜ自費での治療(保険外治療)をお勧めするのか、お話を聞いていただけませんか」 「はい、いいですよ」 この説明のどの部分が聞くスキルだったのか。 「ああ、〇〇様は保険での治療がご希望なんですね」 実はこれが聞くスキル。 相手の気持ちを言葉にする。 これをされると相手は「自分の気持ちをわかってくれている」と喜びを感じ、あなたに心を開きます。 すると後の話も少しは聞いてあげようかという気持ちになるのです。

「それぐらいはやっている」と言う人ほど勘違いをしている

それぐらいは言っている。そう感じた人も多いでしょう。 しかし断言します。 あなたの成績がいまひとつならば、私が伝えたいニュアンスでは言ってはいないはずです。 ゆっくりと、患者の気持ちになって「あなたの気持ちはわかりますよ」という気持ちを込めての 「ああ、〇〇様は保険での治療がご希望なんですね」 なのです。 患者が「私の気持ちをわかってくれている」と心底感じる表現をして初めて、「私は言っている」と言えます。 すると医師と患者の間に信頼の気持ちが生まれます。 だから保険外治療の話も聞こうという気になったということ。 営業にも全く同じことが言えます。 「こちらの商品を今はお考えではないと言うことですね。よく分かりました。ではせめて最後に、この商品がいかに素晴らしいかを説明させて下さいませんか。数分で終わります」 と最後に粘れる人がより大きな数字を残すのです。

来たボールは必ず振る。これが営業力が上がる最大の秘訣

こうして自費治療がいかに患者の歯を守り、生涯に渡って自分の歯で噛める暮らしを実現させてくれるのかを伝えるチャンスが巡って来ました。 説明を聞けば気持ちが変わるチャンスも生まれます。 私の見たところ、全ての患者に説明を施せば、自費治療率は30%までは高められると思います。 説明力がつけば50%までは大丈夫。 私はこの医師に「来たボールは全部振ること。そうすればヒットの数は増えるから」とアドバイスしました。 営業も同じです。 一人でも多くの客に、自分の商品の素晴らしさを伝える。 この分母が多ければ多いほど数字は上がります。 営業は断られてから始まる。 この名言を実現するには、客の「NO」を受けとめ、客の気持ちを言葉にする『聞く力』が必要です。 聞く力は人の気持ちをなだめ、喜びを与え、自分の味方になってもらう力を秘めています。 聞く力と聞けば、「へー」「そうなんですか」と相づちを打つことと思い違いをしている人が多いようです。 営業に限らず、人間関係を持つ人ならば、全ての人に不可欠な力が聞く力なのです。

 

侮れない杉村太蔵氏の話し方

杉村太蔵さんという元衆議院議員がいらっしゃる。 人生をしくじった経験をこれでもかと、面白おかしくお話をしてくれて、テレビで引っ張りだこ。 多くの人は彼のことをコメディアンのように受け取っているかもしれません。

杉村太蔵さんのスピーチ力をあなどるなかれ

しかし、彼をあなどってはなりません。 彼のスピーチ力は、テニスの腕前と並んで一級品! コミュニケーションブリッジの話し方を、すでに体得されていらっしゃるのです。 一例を挙げてみましょう。 若いときの節操のなさをお話した場面。 「杉村太蔵の24、25はサル」(語尾を強く言い切り、間を空ける) 「二股、三股は当たり前」 「それまではふつうのサラリーマンなんですよ」 「それくらい政治家になるつもりはなかったんですよ」 彼の話し方の特徴。 センテンスはいつもひとつ。短く言い切りがたの話し方。 間をしっかり置いて、強い言葉で話す。 まさにコミュニケーションブリッジの話し方! 決してダラダラとは話さない。 営業マンやプレゼンターなど人前で話すチャンスのある人には、ぜひ参考にして頂きたい。 だから彼の話は説得力が強く、聞く人の記憶に強烈に食い込んで来る。 スピーチの天才ですね。

話下手の話が頭に入って来ないわけ

話が下手な人は、同じ内容でもこんな話し方です。 「杉村太蔵の24,25はサル同然でして二股三股は当たり前の状態だったんですが、それまではふつうのサラリーマンなわけで、それぐらい政治家になるつもりはなかったっていうことなんですね」 センテンスが途切れず、間もない。 本人は間をとっているつもりなのですが、聞き手が話をイメージするにはあまりにも短い。 全ての言葉に強さやスピードの変化もなく、どこが大事な点なのかも伝わって来ない。 これでは聞き手は話を想像するいとまがない。 話は途中で頭に入らなくなる。 だから記憶にも残らず、心が動くこともない。 杉村太蔵さんの発信力。 そして自分を道化に見せて大衆の気持ちをつかむ力。 秀吉にも似た政治力を持つこの男から目が離せません。 杉村さんはもう少し政治のことを勉強し、年齢を重ねて落ち着きを身に付けたら、また政界に戻って来るのでしょう。 その時は大化けする可能性もあると思います。 彼を見下している人は、あとで後悔するはず。

スピーチ力、雑談力は気軽に身に付く

スピーチをもっとうまくなりたい方。 説得力が必要な方。 営業力をつけたい方。 どなたにも必見のレッスンがあります。 TALK&トーク話し方教室のコミュニケーション会話術基礎講座で、杉村太蔵さんの如く、説得力あふれる話し方がマスターできます。

 

明日人前で話す事になったら

突然のスピーチ依頼、プレゼンを代われと言われた、挨拶を頼まれた、、、 苦手な人にとっては、人前で話すことはバンジージャンプの飛び込み台に立たされた恐怖と似ています。 そんな人のために、付け焼刃だけど役に立つ、失敗しないスピーチスキルをお伝えしましょう。

原稿を用意すると下手なスピーチになってしまう

明日、人前で話すことになったら、原稿を用意してはなりません。 一般の話し方本に書いてあることは、全部ウソです。 原稿通りに話したら、誰も笑わないし感動しないぞ。 なぜなら、原稿があればそれを覚えようとするでしょう。 原稿を頭に入れて話すと、それをなぞるような話し方になります。 また原稿を覚えると、少しでも言い間違えたら(「私は」が「私が」になる程度でも)、後の言葉が出て来なくなるリスクもあります。 すると感情表現もなくなり、それはそれはつまらない話になってしまうのです。 まるで国会の答弁みたいに。 世の中のほとんどのスピーチは、これですけれども。

タイトルだけを箇条書きに

私のお薦めは、話すことに柱を立てて、小見出しだけを箇条書きにすることです。 例えば、後輩が遠くの支店に異動になった時、激励の挨拶を頼まれたとしましょう。

①「何を伝えるのか」をひとつに絞る

話をする時に重要なのが、この作業。 話し下手はあれやこれやと多くを話しすぎて、結局何も伝わらないことが多い。 例えば、「彼の根気強さ」を激励の言葉にしようと決めたとしましょう。 すると、彼の根気強さ以外の話は一切入れません。 (女性にモテた、昼飯を食うのが早い、寝癖でよく出社したなど、メインテーマから外れた話は入れない)

②「彼の根気強さ」を表すエピソードをひとつかふたつ探す

3分程度の持ち時間ならエピソードはひとつで構いません。 このエピソードが、お話の中心となります。 すると、「〇〇くんは本当に根気強い、素晴らしい営業を我々に見せてくれました」が話のスタートになります。

③エピソードを具体的に

「トラブルになり取引停止を宣言された顧客のところに、三度も通って、一度は早朝、社長の出勤時を待ってアポをもらったこと」 これに上司や先方の社長との会話のやり取りを交えて話します。

④そして締めの言葉

「彼を失って我々も本当に寂しい限りですが、彼の残してくれたお客様と根気強い営業力を財産として継承して行きます。 〇〇くん、××支店でのご活躍をお祈りしています。 もしいつか私の上司になられましたら、先輩の私のことをどうか引き立てて下さい。 ついていきます」 このオチで締めよう! もうお話は完成。 紙に、 〇 根気強い営業 〇 トラブルで取引停止を言われても、三度も足を運ぶ 〇 根気強い営業を引き継いでいく(私を引き立てて) この三行だけ書いて、これを見てイメージしながら話す練習を繰り返します。 すると、途中で少々間違えても、立て直すことが可能になります。 立ち往生して恥をかくこともありません。 意外とその場でいい話を思い出し、感動のスピーチになることだって大いにありえます。 人前で話すことを恐がらずに、楽しんでチャレンジして下さい。 人前で話すことは、基礎的な考え方をマスターして、場数を踏めば必ずうまくなります。

ブラジルの方が受講して下さいました!

東京でのコミュニケーション会話術に来たお申込を見てびっくり。 そこには横文字のお名前が・・・。 日本語だいじょうぶなのかな? 微妙な言い回しはわかってくれるのかな? などと心配しておりましたが、お出でになったのは好青年。 ブラジルから来日されて6年になるお方でした。 感想まで頂き感激です。 ////////////////////////////////////////////////// 野口先生 ご連絡を頂き、有難う御座いました。 先日の講座は、大変参考になりました。お礼が遅れており、失礼しました。 話するときに聞き手の立場で考えることと、センテンス毎で意味を伝えることは、特に私にとって日本語のみではなく、どちらの言葉でも使えるテクニックかと思いました。 職場で少しずつ講座で練習したことを使っています。 尚、今後の「聞くスキル」セミナーにも興味がありますので、近い内に改めてご連絡させて頂きます。 今後とも何卒宜しくお願いします。 ////////////////////////////////////////////////// なんと立派な日本語!敬語まで駆使して、日本人より日本語がうまい。 TALK&トーク話し方教室も国際的になってきたなー。

傾聴では話ははずまない

先日の講演会のこと。 終了後、「傾聴のセミナーを主宰している」という女性が話しかけてきて少しお話をしたが、なんか違和感がある。 「野口さんはどちらで教室を?」 「北浜です」 「そーなんですかー」 「中央公会堂が正面に見えて、景色がいいところなんですよ」 「それは素晴らしいですねー」 「引っ越してもう6年になるんですけどね」 「6年ですかー」 どの相づちも抑揚がなくうわっつらだけの感情しか乗っていない。 彼女が本当に感じている気持ちは伝わって来ないので、気持ちのキャッチボールになってない。 背中がむずむずしたので、会話は打ち切りました。

話を聞く=傾聴 ではない!

そういえば、傾聴を会話のスキルに取り込もうとする講座や書籍が目立つようになりました。 よくよく考えると、傾聴とはカウンセリングの技法で、悩みや辛さを持つ人の気持を引き出すコミュニケーション。 でも雑談とはほとんどが楽しいもので、相手との距離を縮めるのが目的のはず。 楽しい話を引き出すのに、辛い話を引き出すコミュニケーションが役に立つはずがない。 カウンセラーは己が感情を抑え、クライアントが話すのを促し、相手がしゃべらないときはひたすら待つのが仕事。 雑談でこれをやられた日には、相手は話しにくいことこの上ない。 そこではたと気づいた。 最近「聞くスキルはいりません」という問い合わせが目立つようになってきた。 この『傾聴』を『聞くスキル』だとみんな誤解しているんだな。

ビジネス上の雑談に必要な聞くスキルは、感情表現が基本

聞くスキルは、まず豊かな感情表現が基本。 「中央公会堂が正面に見えて、景色がいいところなんですよ」 と言われたら、 「いいとこですねー!」 「すばらしいじゃないですか!」 「一流ですね!」 という感想を伝えることも『聞く』のうち。 これが上手だと話は本当に弾みます。 そして、 「最高のロケーションですね」とか 「私もそんなオフィスで働きたいですー♪」と、 相手の話を聞いて感じたことを表現するのも、『聞く』のうちなんです。 相手が自分の話を気分良く語れるようコミュニケーションすることが、聞くスキル。 聞き手ももっと話していいし、自己表現することが必要です。 傾聴とは間逆のコミュニケーション。 ただ穏やかに大人しく「そうなんですねー」なんて言われたら、雑談は弾まんよ。

一流の会話のセンスは聞くスキルの中に

TALK&トーク話し方教室のコミュニケーションスキルUP講座は「聞くスキル」についてお伝えするレッスンですが、とてもアクティブ。 ただ「へー」とか「そーなんだー」と言うだけの気の抜けたスキルをお伝えする場ではありません。 もちろん質問のスキルも大事。 それは「あなたに興味があります。関心があります」という意思表示ですからね。 相手からアクティブに話を引き出し、自分をも豊かに伝える。 これがなくちゃ雑談のスキルとは呼べません。 アクティブな聞くスキルをマスターして、雑談に営業に婚活に生かしてください。