黄昏の十八番ホール

平日のゴルフ場はおじいちゃんでいっぱいだ。 ロッカールームで聞こえて来る話は、「〇〇さん、今日はドクターストップでゴルフ休みやで」とか「変形性膝関節症のいい医者は知らんか」など、健康にまつわる話ばかり。

幸せな最終ホールを迎えるおじいちゃん達

以前、たった120ヤード後ろから打ち込んで来るおじいちゃん三人組に出会った。 私たちの頭の上を越してドライバーショットを打ち込んで来るおじいちゃんに、「危ないですよー」「前にいますよー」と大声で呼びかけたが、全く反応がない。 ハーフが終わってから係りの人に、「後ろのおじいちゃんが危ない」と伝えて午後のハーフへ。 すると先ほどのおじいちゃん達が謝りに来た。 「すんません、打ち込みましたか?何番ホールですか?」と全く気づいていないご様子。 果ては「わしらもう八十過ぎてましてな、目も見えまへんねん。耳も聞こえまへんねん」とのお言葉。 「へー、こわーい。どうか頭にだけは当てないで下さい」とお願いして、後ろを振り返りつつ駆け足でゴルフを終えました。 八十のおじいちゃんに謝られると、もう怒ることはできません。 また別の日。私たちの前でプレーしていたおじいちゃん達も、みんな八十前後に見える方々。 お一人はおみ足が悪く、ゆっくりとしか歩けない。 そんな方でもゴルフができるのか!と感動しつつ見守っておりました。 おじいちゃん達のプレースタイルは様々。 以前出会った方々は、和気藹々と楽しそうでした。 でもこのおじいちゃん達には会話がほとんどありません。 何より自分のボールがカップに入ると、スタスタと次のホールに向かいます。 こういう時は全員のプレーが終わるまで見守り、「ナイスパー」とか「ざんねーん」などと声を掛け合うのがマナー。 でもおじいちゃん達は他の人が目に入っていないかのようなプレー振り。 最後のプレーヤーは、グリーンに一人残されて寂しくカップインするのです。 それはきっと終わった人から早く次のホールに向かわないと、進行が遅れるからなのでしょう。 和気藹々だけが楽しいゴルフではないことを教えてもらいました。 「次もまた行けるかね」 「どうだかね」 「死んでなかったら行ったらええやん」 「来年の花見ゴルフまでは生きていたいね」 「あんた、去年もその前も同じことゆうてたで。いつまでも死なんくせに、よーゆうわ」 そんな軽口を叩きながら、お風呂で語り合うおじいちゃんを見ると、 よく生きてこられたのだな、いい人生を送って来られたのだな、と頭が下がるばかり。

黄昏の十八番ホール。あなたには誰が待っている?

齢七十を過ぎて、仲良しが三人以上集まれて、健康で、お金に余裕がある。 そんな人生を送れる人が果たして何%いるでしょうか。 黄昏の十八番ホール。 あなたはどんな人と、どんな気持ちで過ごしていますか? 幸せな最終ホールを向かえる人は、必ずコミュニケーションに留意して来た人です。 他人の気持ちに寄り添い、笑いがあり、話を聞く余裕がある。 怒りの気持ちを上手に伝え、トラブルやわだかまりを残さない。 そんな力を磨いて行けば、最終ホールのグリーン上にはきっと温かな笑顔が待っているでしょう。 コミュニケーション能力の価値を多くの人は過小に考えています。 自分は大丈夫、できていると考えがちです。 コミュニケーション能力が高いか低いか。 それは現実に如実に現れます。 家庭が愛にあふれ、会話に満ちている。 仕事で協力してくれる人、サポートしてくれる人が多くいる。 人生に敵がいない。 争いがない。 我慢していない。 お金に不自由していない。 これがコミュニケーション能力のある人です。 とくに「聞くスキル」を多くの人が誤解しています。 本当の聞くスキルは、相手の隠された力を引き出し、ストレスを癒し、隠された考えを導き出すスキルです。 コミュニケーションに迷ったら、「話す」「説明する」と言った目に見えるスキルだけでなく、「聞くスキル」に目を向けるべきです。