飲み会攻略!グループでの会話は簡単に乗り切れる

こんにちは、梶村操です。 もう忘年会もひと段落した頃ですね。 12月は何かと飲み会の機会も多くて、 そういう場に苦手意識のある人には 苦労の多い月だったことと思います。 もうしばらく続く親戚付き合いや、 ちょっとした会合のために 今回は、飲み会攻略法をお伝えいたしましょう。

飲み会の苦手を克服!やることはたった二つでいい

1対1よりもグループでの会話のほうが苦手、 というお話はよくお聞きします。 確かに、グループでの会話のほうが 気を配ってほしいことの数は 多いと言えます。 でも。 苦手意識のある人がなんでもかんでも 頑張ろうとすることは得策ではありません。 疲れるからね。 なので、おすすめする作戦は たった二つにしてみました。

1.人のそばに座る

2.声を出す

まずはこれだけで構いません。 これだけでも効果てきめんであることは、 私の生徒さんたちが実証済みです。 どうか信じてみてください。

作戦その1:人のそばに座る

心理テストです。 飲み会の会場に到着したあなた。 まだ席はたくさん空いています。 さて、どの席に座りますか? A:出入口のいちばん近く B:四隅のどこか端っこ C:遠慮なく真ん中あたり D:出入口のいちばん遠く はいウソをつきましたごめんなさい。 心理テストじゃないです。 ですのでどこの席でもいいんです。 ただ、 『誰か人の隣に座ること』 これがとっても大事。 人が集まりかけている段階だと、 パラパラと人がまばらに座っている状態ですよね。 例えば15人の飲み会で、 5人だけが席についているような状態のとき。 隣に誰もいない席を選んで、 一つふたつ席を空けて座っていませんか? これがNGなんです。 人と距離をとってしまうと、もうそれだけで 「輪の中に入るつもりはありません」 と宣言したようなもの。 飲み会で浮いてしまう… そうおっしゃる方の多くは、実は 飲み会が始まる前にもうプカッと浮き始めているわけです。 乾杯前のちょっとした雑談から、 もうコミュニケーションは始まっているんですよー。 ====================== 飲み会が始まる前!が勝負 ====================== 「お隣、いいですか?」と一声かけて、 誰かの隣をゲットしましょう。 「どうぞどうぞ。まだ雨降ってました?」 なんて、すぐに会話が始まる可能性大です。 「お隣、いいですか?」って言われて 「ダメです」っていう人いないでしょう。 もしいたらその人がいじわるなんですよ。 お友達をやめてOK。 もしもあなたが新人で、 有無を言わさず「はいここ座って」と 権力者の隣に座らされたときは、もう仕方がない。 その席で力を尽くすべし。 置かれた場所で咲きなさいと 渡辺和子さんもおっしゃっていたからね。 次の作戦その2を 一緒に頑張りましょう!

作戦その2:声を出す

無事に誰かの隣の席をゲットできたあなたは、 「このお店、鯛の香草焼きがおいしいんだって」 「お取引先の●●さん、声がでかいよね」 なんていう雑談に、 すでに入れてもらっているはず。 ここで、 もっと居心地が良くなる技をもうひとつ。 それは、 『相づちを声に出すこと』 1対1なら大丈夫なのに、 グループでの会話になったとたんに 存在感がうすーくなってしまう人の特徴は、 声が出ていない。ということ。 「話を聞いてばっかり」 「輪の中に入れない」 そんなふうにおっしゃる方の多くが、 声を使っていないことにお気づきでしたか? 1対1なら、少々相づちが小さくても 首をこくっと動かすだけの「うん」でも 相手は目の前の一人だけですから大丈夫。 …なときもある。 (ほんとは大丈夫じゃないんだけども。) でもここはグループ、 あなたの相手は何人もいてしかも居酒屋。 周りもワイワイガヤガヤとうるさい。 あなたの「うん」はかき消されているよ~… そして「うん」とも言わないあなたは、 相手から見れば話に興味を示さない人。 ということは、 これまた「輪の中に入るつもりはありません」 と宣言しているのと同じことよね。 そう見えている限り、 あなたに話をふってもらえることも 質問してもらえる可能性も 限りなく低くなってしまいます。 さらに、 相づちを打たない(ように見えている)と、 あなたがせっかく話をしても 耳を傾けてもらえない確率が大幅アップ。 「人の話は聞かないのに  自分の話だけ積極的にされてもね」 なーんて思われてしまうかもしれないのです。 そんな誤解をされないために、 さあ、「輪の中に入りたいです!」と 意思表示をしましょう。 ====================== 小さな心の声を口に出せばOK ====================== メインで話している人に確実に届く声、 いいですか、確実に届く声を出します。 大事なことなので二回言いました。 「へえ~!」 「あ、そっか~!」 「それありますよね!」 と、相づちを明確に声に出してください。 1対1の時に使っていた、 首をこくっと動かすだけの「うん」は 「うん!うん!」 とはっきり声に出し、 ついでに目もキラキラさせて 話し手をぐっと見ることができたら最高。 おまけで、 ちょっとした感想を伝えてみるのもおすすめ。 「めっちゃうらやましいです」 「そんなことがあるんですね」 「それびっくりじゃないですか」 この程度のひと言でも、 話し手にしっかり届く声で言えたら もう100点満点です。

グループでの会話で必要なのは、思いやり

グループでの会話で重要なのは、 協力する姿勢を見せること。 「私は楽しくここに参加しているよ」 「みんなが居心地良くなるように協力するよ」 という思いをみんなと共有するための行動を 心がけてみてください。 メンバーに対する思いやりを示すことが いちばん大事なことなんです。 それが、 最初から人の近くに座ることであり、 相づちをはっきり声に出すこと。 話すことで参加しようと頑張りすぎたり、 そうできないことで一人落ち込んだりすると 雰囲気も悪くなってしまうし 周りの人も気を遣うことでしょう。 年末年始の飲み会も、 帰省した時の懐かしい再会も、 新年会も、 この心掛けで乗り切ってくださいね。