話し上手と話し自慢

この人、よくしゃべるな。 でも一緒にいると疲れるな。 そんな気分になる人、いますよね。 ご本人は「オレ、いけてる」と思い込んで、自身満々でいるところが辛いんだこれが。 私は彼のように、いっぱい話すけど疲れるタイプを「話し自慢」とこっそり呼んでいます。

話し上手と話し自慢、その差は相手への気遣い

例えば、ゴルフの話をする時、話し上手は相手がゴルフの話を知っているかどうか、相手が乗って来るかどうか探りつつ話をします。 短めの話をして、間を取り、相手の表情と相づちを見つつ話すのです。 相手が乗って来ない時は、潔く話題を変えるのが彼らのセンス。 話し自慢は「ゴルフ知らない? じゃ、教えてあげよう」と嬉しそうに話をします。 視線は相手にあるようで、実は自分の話す内容に意識は集中している。 相手はもちろん楽しくなくて疲れる。 話し上手はゴルフの話をしても、相手が興味を持てるところに話を持っていきます。 「ゴルフ場のランチってね、高いの。カレーが、ただのカレーが1,400円もするんだよ」 こんな感じ。食べる話は誰でも興味を持てるから、相手は乗って来る。 でも話し自慢は「ゴルフのグリーンには高麗芝とベントグリーンっていうのがあってね」とウンチク話に進めちゃう。 相手は関心がないから「ふーん(興味ないわー)」ってな顔になる。 話し自慢は相手が乗ってないことに気づかない!  そのまま話を進めちゃう。わー! だから相手は疲れる。 口下手な人といるほうがよっぽどまし。 タクシーの運転手さんによくあるタイプだな。 「わし、話やったら得意でんねん」って、相手をよーく見てちょーだい。

そのほか、一緒にいて疲れるタイプが満載

さらに一緒にいて疲れる人と、楽しい人には違いがはっきり出てしまう。 疲れる人は、話すスピードが速い。 楽しい人は、ゆっくり話してくれる。 疲れる人は、話の内容が絵として浮ばない。 楽しい人は、映像として浮ぶように話してくれる。 疲れる人は、自分だけが知っている言葉で話す。 楽しい人は、人間関係のドラマを交えて話してくれる。 疲れる人は、相づちの焦点がずれる。 楽しい人は、話し手が欲しい反応を返す。 疲れる人は、質問が多い。 楽しい人は、まず共感する。 こんな事例を68も用意した本、 [一緒にいて疲れる人の話し方 楽しい人の話し方] KADOKAWA:単行本 1/29(金)発売です。 野口敏、二年ぶりの新刊! 一緒にいる人が自分と話すと表情が消えるな、 笑わないな、 うなずきが小さくなるな、 次に会ってくれないな、 なんかモテないな、 と感じていたら、即本屋さんへ。 アマゾンでも買えますし。

Amazon

http://goo.gl/fgXzRN

楽天ブックス

http://books.rakuten.co.jp/rb/13535290/

KADOKAWA/中経出版

http://goo.gl/jzQHYx その日から楽しい人に成長できます。