幸福と健康の源 それはいい人間関係を作るコミュニケーション能力

2018年11月4日

アメリカの心理学者ロバートウォールディンガー博士は
人間の幸福と健康を司っているのは、
いい人間関係であると言っています。

なんと75年間、724人もの人生を追い続けた結果、
得られた答えだとか。

いい人間関係とは、自分がありのままでいられる関係。

隠すこともなく、
見栄を張ることもなく、
我慢することもない。

言いたいことを言い合っても関係が壊れない。
一人が落ち込めば、一人が心配する。
一人に嬉しいことがあれば、二人で喜び祝う。
互いが相手を心配し、互いがかばい合う。
どんな時も互いが互いの味方。

そんな人が人生で何人作れるか。
それが人間の幸福を作る。
そして健康を支える。

その礎となるのは、もちろんコミュニケーション能力。

愛しています、想っていますと毎日上手に伝える力。
私はこんな気持ちです、と伝える力。
今日はこんな経験をしたよ、と伝える力。

今日は浮かない顔だね、どうしたの?
と相手のネガティブな気持ちを癒す力。

相手に怒っている気持ちを攻撃ではない方法で伝える力。

仲直りする力。

実はTALK&トークには、
あなたがその気になれば全てのコミュニケーション能力を
学ぶ材料を揃えています。

全て完璧に出来なくてもOK。
こんな時はこうするもの、と知っているだけでも
いざという時に大変役に立ちます。

離婚せずにすみました。
彼女とケンカしても別れずに結婚できました。
友人が増えました。
仕事仲間と関係がギクシャクしていたのに、
前より信頼できる関係になれました。
不登校になった息子が立ち直ってくれました。

この30年間、そんなお言葉を生徒さんから
たくさん頂きました。

コミュニケーション能力は一生の資格。
あなたを幸福に導き、不幸を遠ざける。

でもお金儲けや、仕事の資格を手にする努力はしても、
ゲームに時間を費やすことはしても、
人生を決める大事なコミュニケーション能力を
習得する努力をする人は稀です。

コミュニケーション能力を高めるために
ぜひ一度、心を決めてレッスンにご参加下さいませ。

まとめ

人の幸福は、自分がありのままでいられる人間関係に恵まれているかどうかで決まる。
自分の気持ちを上手に伝える力。そして相手の気持ちをわかってあげる力。
この2つのコミュニケーション能力があれば、人との関係はとてもスムーズになる。

 

LINEで送る
Pocket