コミュニケーション能力が高い人は 面白みのある人

口下手な方はユーモアに憧れるようです。 皆を笑わせて瞬時に人の心をつかめるのですから、当然ですね。 でもユーモアって、様々なコミュニケーション能力の集合ワザ。 一朝一夕で身に付くものではありません。 そこで私は面白みのある人を目指してみては いかがかと思うのです。 特別なことを言うわけではないのに、 その人がいると皆がにこやかになり、 なぜか魅かれてしまう。 そんな人って、実はコミュニケーション能力の 高い人なのです。 実際に合コンで彼氏彼女を見つけることが出来る人って、 一発芸で笑いを取る人よりも、 そこはかとない面白みを発揮する人なんですよね。 面白み・・・私はそれを、 小さな感情をうまく表現できる人だと感じています。 例えば。
  • ・美容室で、藤村なのに「藤原さん」と呼ばれて、気が弱いので「藤村です」って言えなかった。
  • ・ゴルフでここ一番という場面になると必ず「ミスするかも」と思い、その通りにミスする。
  • ・売店でおつりが百円多いことに気づいたが、知らないふりでお店から遠ざかる時に、つい走った。
  • ・部屋は何畳?と聞かれると、8畳なのに8.5畳と言い、駅から何分?と聞かれると15分なのに13分と言ってしまう。

 

こんな話をしてくれる人はやはり人気者です。 密かなコミュニケーション能力の持ち主です。 コツは自分の至らなさを上手に表現すること。 気が弱い、小さい人間、ネガティブ、見栄っ張り・・・ 誰もがそんな自分を抱えています。 だからこそ、そこをうまく表現してくれると、 「自分も至らなくていいんだ」と他人は安心します。 これこそがコミュニケーション能力と言うもの。 人は優れた人と一緒にいるよりも ほっと出来る人とともにいたいからです。 そしてもう1つ。 人は自分の気持ちに触れたいと言う願いを持っています。 誰かが小さな気持ちを表現してくれたら、 「あっ!自分にもそんな気持ちがあるな」と気づくのです。 だから小さな気持ちをエピソードで表現出来る人は 誰からも愛されます。 「〇〇さんといると、ほっとする」 そんな言葉をもらえる人は もう温かな存在。 この人を豊かなコミュニケーション能力の 持ち主と呼ばずして何と言いましょうや。 ぜひそんな人を目指してみませんか? TALK&トークのレッスンには、そんなプログラムまで用意されています。

まとめ

人からモテたい、また会いたいと言われる人になりたい、と願うなら、自分の小さな感情に敏感になること。 小さなウソ、驚き、おかしさ、不思議な興味、ショック、そんな気持ちになった話ができるようになると、とたんに他人から興味を持ってもらえる。 コミュニケーション能力は気持ちに敏感になることで培われます。