もうすぐ忘年会。飲み会で役立つコミュニケーション能力

あっという間に師走。そう、忘年会の季節です。 メンバーによっては楽しみな忘年会ですが、 コミュニケーション能力に自信のない人には 辛い季節でもあります。 とくに会話が苦手な人には、みながバカ騒ぎする輪の中に入れない寂しさは辛いもの。 これはコミュニケーション能力に不安のない人には わからないものでしょう。 しかし、楽し気な中に一人つまらなさそうにしている人がいるのも、 周りに気を使わせることになって、これもしんどい。 なんとかあの輪の中に入る手立てはないものか。 そんな思いをしている人に、わりと楽に活用できる コミュニケーションをお伝えしましょう。

飲み会で役立つ3つのコミュニケーションルール

  • 会場には15分前に入る
  • 盛り上がっている輪に近づく
  • 話題の中心人物を見よう

① 会場には15分前に入る

みなさんは飲み会会場に何分前に到着しますか。 コミュニケーションの苦手意識が強いと、 会場にギリギリに入る人が多いもの。 でもそれではすでに会話が始まっていて、そこから輪に入るのは難しくなってきます。 そこで、15分前には会場に入ることをお勧めします。 そうすれば話が始まる瞬間からその場にいられるので、 会話には入りやすくなります。

② 盛り上がっている輪に近づく

盛り上がっている人たちがいると、自分はそこに入れないからと その場を避けてしまうのが、 コミュニケーション能力に不安のある人。 実は、輪に入れないのは コミュニケーション能力が足りないのが理由ではないのです。 自分から周りの人々を拒否するかのように距離を置くから、自然と浮くのです。 輪に入れとは言いません。 輪の近くにそれとなくいる。 盛り上がっている輪の近くに座る。 それだけでずいぶん違います。

③ 話題の中心人物を見よう

コミュニケーション能力に不安のある人は、 「面白い話ができないと輪には入れない」と誤解をしています。 話題の中心人物がいるのなら、 それを聞いてくれる人だって必要です。 聞き手は重要なキャラクター。 その役目を引き受けてくれるだけで、 そのグループには必要不可欠の存在。 いま話している人を見て、おかしかったら笑う。 驚くような話なら、びっくりした反応をする。 いい話なら感心する。 これだけで十分。 いい役(聞き手)を果たしてくれたら、 周りはあなたを放ってはおけません。 「〇〇さんはどうなの?」と話を振ってくれることもあります。 そうすれば無理なく自分の話もできるはず。 今年の忘年会は3つのコミュニケーション能力を駆使して 楽しんでみて下さい。

まとめ

みなの輪に入る3つのコミュニケーション能力

  1. 飲み会会場には15分前集合
  2. 盛り上がっている輪に近づく
  3. 話題の中心人物を見て、その話にいい反応をする