気をつけよう!相手を怒らせるNGワード「不安をかきたてる」

気をつけよう!相手を怒らせるNGワード「不安をかきたてる」

結婚したばかりの人に「旦那さん、浮気しているかもよ」「3組に1組は離婚するからね」
就職が決まった人に「その会社、ブラック企業かもよ」

などと、他人の幸せと成功を不安で押しつぶそうとする人。

知らないうちに相手から距離を置かれるのですが、
実は自分の気持ちもすさんでしまう行為です。その改善策とは・・・。

気をつけよう!相手を怒らせるNGワード「でもね」

人と意見を交わす時に、相手の話を受けて必要もないのに「でもね」が口グセの人っているものです。
逆接の接続詞「でも」「しかし」を多用する人には、相手はけっこうストレスを感じます。
その人を疎ましいとさえ思うのです。

「でも」を使わずに疑問点をうまく伝えるコミュニケーション力を身につけて、穏やかな人間関係を作りましょう。

気をつけよう!相手を怒らせるNGワード「・・・なんですけど」

気をつけよう!相手を怒らせるNGワード「・・・なんですけど」

「今日はもう27日なんですけど!」

ある管理職が若い女性社員に「この資料を今月中に仕上げてくれるか」と指示したところ、返された言葉です。おろらく「あと三日でこの資料を作るのは私の能力では無理です」と言いたかったようです。

自分の意思や願いを具体的に伝える力のない人は、社会では一人前の扱いを受けられません。
大人の意思表示を身につけるアドバイス。

気をつけよう!相手を怒らせるNGワード「誰が悪いの?」

気をつけよう!相手を怒らせるNGワード「誰が悪いの?」

「チームの作業がうまく進まない」「カップルでもめてばかり」
そんな時につい口走ってしまうのが「誰が悪いの?」「どっちが悪いの?」という犯人捜し。
この考え方は問題を起こしている犯人は一人だという思い込みから生まれています。
相手は悪者になりたくないので、必死で反撃して来ます。こうしてもめ事は大きくなるのです。
大人の考え方と表現方法をマスターすれば、トラブルは少なくなります。

気をつけよう!相手を怒らせるNGワード「もっと前向きに考えようよ」

気をつけよう!相手を怒らせるNGワード「もっと前向きに考えようよ」

前向きなことはいいことですが、それを他人に押し付けるのはNG。
人にはポジティブになれないタイプがあって、押し付けられると大変なストレスです。
本当にポジティブな人は、ポジティブになれない人を理解し、優しく包み込むことができます。
前向きな姿を他人に押し付ける人は、実はネガティブな人とも言えるのです。